グラスファイバー成型の強固な窓/マーヴィン・インテグリティシリーズ

Point インテグリティシリーズ 特長

高い信頼

窓の衰えにつながる伸縮を防ぐ熱膨張について

気温による膨張係数の比較

アルトレックスの窓は極度な高温に対して高い耐久性を持っています。それは、アルトレックスがガラスとほぼ同じ膨張係数であるということも関係しています。
これは、高温にさらされても、ガラスとの間に隙間を作らず、窓全体はいつも隙間なく密閉され、水漏れをおこさない、という利点を生み出しています。

一方、樹脂は熱による膨張係数が高いことから、かなりの高温にさらされると、ガラスや他の素材との間にズレが生じ、窓が歪む恐れがあります。

その為、年月が経つと汚くなったり、筋が出たり、割れたりすることも。これを補修しようと塗装したとしても、樹脂はなおさら割れやすくなるばかりです。

インテグリティ製品はマイナス40度Cから176.6度Cまでの温度差内ではほとんど伸縮しません。AAMA623-10※1の全ての要件を満たしています。アルトレックスは酸に対し、高熱に対し、そして極寒に対して腐食、腫れやはがれがないことが証明されています。世界初、そして唯一AAMA264-10とAAMA625-10の両方に認定されたの窓のマテリアルです。樹脂より833%、木製と樹脂の合成より300%伸縮が少なく、アクリル・キャップの仕上げはガラスファイバーに糊付けされています。そのため、他社の塗装仕上げより3倍も厚みがあり、色褪せ、すり傷やチョーキングがありません。

インテグリティ製品

経年変化、雨、風、高温・低温にも高い信頼

平均測定値(硬度測定)

私たちの製品は、他の窓やドアがその輝きを失った後々まで過酷な環境に耐え、その美しさや機能性を失うことはありません。

特許製法の高性能コーティング加工で厚いアクリル加工されたアルトレックスは、引っかき傷や凹みの心配もありません。

一度取り付ければ、その眺めを楽しんでいただくだけでOK、それがアルトレックスの窓とドアです。

高性能のガラスもいろいろ用意しています。もちろんLOW-Eコーティングがスタンダード

インテグリティは、アルゴンガス入りLow EⅡ断熱ガラスが標準仕様。
さらにオプションで、アルゴンガス入りLow EⅡ断熱強化ガラス(大型ユニットとドアでは標準仕様。ほとんどの製品に取り付け可能)、またはアルゴンガス入りLow EⅡ断熱強化不透明ガラス、Low EⅢ、Low E180もお選びいただけます。

アルゴンガス入りLow EⅡ耐熱ガラス

アルゴンガス入りLow EⅡ耐熱ガラス
アルゴンガス入りLow EⅡ断熱強化ガラス

アルゴンガス入りLow EⅡ

アルゴンガス入りLow EⅡ
断熱強化不透明ガラス

冬の太陽の熱を吸収し、室内に取り込みます。

品質と性能への追求

徹底した、機能と品質の追求

インテグリティのISO9001-2000認証取得

マーヴィンのインテグリティには、「Built to perform(高性能を作る)」という理念が深く刻み込まれています。同時にこの理念は、私たち自身が可能な限り最高の品質水準を保ち続けられるよう、徹底して追及されています。

インテグリティのISO9001-2000認証取得はその証明でもあります。

ISO(国際標準化機構)は各国の代表的標準化機関からなる国際標準化機関で、電気及び電子技術分野を除く全産業分野に関する国際規格の作成を行う世界的な機関です。

マーヴィンのインテグリティは、お客様・社会の要求事項、法規制の要求事項を満たした製品・サービスを提供することにとどまらず、自主的・積極的かつ継続的に、製品・サービスの品質保証・顧客満足向上をめざすマネジメントシステムを定めた国際規格であるISO9001-2000の認証を取得しています。

<< BACK

NEXT >>

  • 強度への自信
  • 高い信頼
  • 品質と性能への追求